2017年10月までのタヒチへの日本人渡航者数、約1万人に

フレンチ・ポリネシア統計局(ISPF)が観光統計を発表した。2017年10月のタヒチへの日本人渡航者数は942人、1月~10月までの累計は前年比4.4%増の10,890人となった。また、1月~10月の累計総渡航者数は前年比3.1%増の168,480人だった。

タヒチ観光局では、「バケーション・パッケージ」ページを新規開設し、スタイルや目的に合わせたタヒチへのツアー情報を掲載。日本語版もあり、より情報を探しやすい環境になったと言える。

タヒチ観光局 日本語版公式サイトはこちら

 

当社では、日本人富裕層観光客を増やしたいとお考えの政府観光局向けに、リサーチやコンサルティングなどの様々な富裕層マーケティングサービスを実施しているので、そのようなニーズをお持ちでしたらぜひ一度お問い合わせいただきたい。

お問い合わせはこちら

写真(c)Tahiti Tourisme

関連記事

  1. 熱海市500人規模のクルーズ船誘致のため港湾エリアを整備

  2. 医療法人もM&Aの対象へ

  3. 仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手

  4. 全世界の富裕層旅行事業に衝撃走る AirbnbがLuxury Retreatsを買収し富裕層ビジネスに参入

  5. 金沢港クルーズ船誘致へ欧州最大の見本市に単独出展

  6. メディカルツーリズムの取り組みと健康医療戦略推進本部の特色

Translate »