2017年10月までのタヒチへの日本人渡航者数、約1万人に

フレンチ・ポリネシア統計局(ISPF)が観光統計を発表した。2017年10月のタヒチへの日本人渡航者数は942人、1月~10月までの累計は前年比4.4%増の10,890人となった。また、1月~10月の累計総渡航者数は前年比3.1%増の168,480人だった。

タヒチ観光局では、「バケーション・パッケージ」ページを新規開設し、スタイルや目的に合わせたタヒチへのツアー情報を掲載。日本語版もあり、より情報を探しやすい環境になったと言える。

タヒチ観光局 日本語版公式サイトはこちら

 

当社では、日本人富裕層観光客を増やしたいとお考えの政府観光局向けに、リサーチやコンサルティングなどの様々な富裕層マーケティングサービスを実施しているので、そのようなニーズをお持ちでしたらぜひ一度お問い合わせいただきたい。

お問い合わせはこちら

写真(c)Tahiti Tourisme

関連記事

  1. ザルツブルクがジャズの街になる5日間

  2. タイ国政府観光庁 西日本からの訪客強化

  3. タヒチ「ポリネシアン文化体験」を開催

  4. ザルツブルク 観光バスのオンライン予約システム 18年6月運用開始

  5. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  6. 日本政府観光局の新理事長に清野智氏

Translate »