関空にビジネスジェット専用施設6月開業

関西エアポートは3月20日、関空では初となるビジネスジェットの利用客の保安検査や出入国手続きなどができる専用施設を造ると発表した。供用開始は6月上旬を予定している。

欧米諸国での利用が主流のビジネスジェットは、数人から十数人ほどが乗れる小型機で、主に日本国内では企業や富裕層が所有し、商談や旅行に使われている。2017に関空を利用したビジネスジェットは795便で、このうち771便が国際線を占める。2019年のG20大阪開催やラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックなど、今後ビジネスジェットの需要増加が想定される国際的なイベントが控えていることを受け、専用施設の整備をすることとなった。関西エアポートの山谷佳之社長は会見で「利便性を高めてアピールすれば、利用を増やせる」と話した。

 

専用施設は、広さ約300平方メートルで、格安航空会社(LCC)が利用する第2ターミナル(国内線)の一部に設ける。保安検査場、税関や出入国管理施設のほか専用駐車場、待合ラウンジ、会議室を備える。これまではいったん第1ターミナル内で手荷物検査や出入国管理などを受ける必要があったが、これらをすべて専用施設で行うことができ、利用者のプライバシー確保や時間の短縮が可能になる。

ルート・アンド・パートナーズではプライベートジェットの手配の他、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 中小機構が外国人富裕層獲得を目指す企業を対象とした富裕層インバウンド商談会を開催

  2. 「HighNetWorth Destination of the year 2018」結果発表

  3. 初心者から楽しめるクルーズ船内での料理教室を実施

  4. 小型航空機の活用で地方へ外国人富裕層旅行客を呼び込める可能性は高まるか

  5. 〈凱旋門賞2014〉 気品高きロンシャンで、世界最高峰の走りに昂揚する

  6. オーロラを目の前に、自分たちの生命に想いを馳せる

Translate »