富裕層ドクターリサーチ/富裕層メディカルリサーチ

医者をリサーチパネルにすることは現実的にはとても難しいと言われている。
専門的になればなるほどその傾向は強くなっていく。

当社の「医者/メディカルリサーチ」では、150名の医者にリサーチが可能だが、以下の点に留意していただきたい。

1:ネットリサーチは、設問数が少ない場合のみお引き受け可能
2:グループインタビューはお引き受けできない
3:デプスインタビューが原則的にお引き受けする基本形
4:郵送によるリサーチなどは要相談

基本的には富裕層リサーチとなるので、リクルーティングやモデレーションもそれなりに費用がかかるし、謝礼もかなり高くなるが、リサーチしたい対象がドクターの場合は、製薬会社などが多いことが予想されるためさほど問題にならないだろう。

一番に考えることは、調査のための調査にならないことだ。
そのため当社では、ドクターリサーチやメディカルリサーチの調査設計におけるコンサルティングサービスにも力を入れている。

また予算次第だが、数百人規模のドクター定量調査の設計も可能だ。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. レオナルド・ダ・ヴィンチ/ミケランジェロ 2人の天才に迫る。

  2. 寝具リース・洗濯の見直しで年間260万円を削減

  3. 体外受精・エッグドナー・代理母出産 ~不妊に悩む日本人富裕層の選択肢のひとつとして~

  4. 別荘ではないサード・プレイスという概念

  5. 日本にクルーズ文化を

  6. 人と人とが結びつくモーツァルト

Translate »