体外受精・エッグドナー・代理母出産 ~不妊に悩む日本人富裕層の選択肢のひとつとして~

日本語窓口で気軽に相談できるアメリカの不妊治療クリニック

子供が欲しくてもなかなかできないと悩んでいる夫婦が行う不妊治療。一般的には排卵日を予測するタイミング法や、卵子に近い場所に精子を送り込む人工授精などの方法が用いられる。

しかし、それでも妊娠がうまくいかない場合に用いられる治療法として、体外受精、卵子提供(エッグドナー)、代理母出産などがある。

 

体外受精は、女性の卵巣から卵子を取り出し、体外で受精させた後、受精卵を子宮に戻す方法だ。卵巣摘出などで卵子が作れないような場合、エッグドナーから卵子提供を受けるという選択肢もある。

逆に子宮に問題がある場合は、体外受精させた受精卵を別の女性の子宮に移植する代理母出産など、利用できる不妊治療の方法は限られる。ただ、日本では代理母出産ができないため、アメリカなどの海外で行う必要がある。

体外受精や卵子提供は日本でも受けられるところがあるが、不妊治療先進国のアメリカの方が比較的高度な治療を受けられるケースが多い。

 

今は海外のクリニックでも日本語の窓口を設けているところもあるので、不妊に悩んでいる夫婦などが相談しやすい環境が整ってきたと言える。

 

当社では、不妊治療だけでなく、抗がん治療、国際結婚など、富裕層の方のお悩みに応じた旅行のご相談も随時受け付けています。まずは下記よりお問い合わせください。

お問合せはこちらから

関連記事

  1. 2017年10月までのタヒチへの日本人渡航者数、約1万人に

  2. 防災センターの委託費見直しで年間200万円を削減

  3. カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

  4. 香港富裕層の人気が高まりつつある日本への個人旅行(FIT)

  5. ポール・ゴーギャン・クルーズ 期間限定バレンタインプロモーション実施中!

  6. 「HighNetWorth Destination of the year 2019」2020年1月結果発表予定

Translate »