世界の富裕層も注目? フレンチポリネシアに世界初の「海に浮かぶ都市」が誕生予定

レンチポリネシアで世界初となる「海に浮かぶ都市」の建設が2017年1月に合意された。海に浮かぶ都市の建設技術の研究や建設候補地の調査は2017年中に完了を予定していて、翌年末までに法案が可決されれば、2019年には着工となる見通しだ。

都市は壁で遮蔽された水域の中に建設され、初めは数十人が居住できる規模を、ゆくゆくは数百人、数千人が居住できる規模に拡大していく予定だ。

海に浮かぶ都市は、地球温暖化などによる海面上昇問題に直面している太平洋の島々にとってのひとつの解決策としても注目されている。

 

当社では、富裕層向けのリゾート、コンドミニアム、ホテルなどの情報を随時募集しています。情報をお持ちのデベロッパーや不動産会社などのご担当者の方がおりましたら、ぜひ情報をお寄せください。

お問合せはこちらから

関連記事

  1. モダンな豪華客船「アラヌイ5」の2019年のクルーズ販売開始

  2. 民泊の米ホームアウェイ、福岡近郊で別荘シェア

  3. ノルウェージャンクルーズライン、デカーティス社とパートナーシップ

  4. 旅行+消費が、これからの富裕層旅行のトレンド

  5. コピー機消耗品の見直しで年間320万円のコスト削減

  6. SHA WELLNESS CLINIC

    SHA WELLNESS CLINIC

Translate »