ザルツブルクがジャズの街になる5日間

写真:©Altstadt Salzburg Marketing GmbH / Wildbild
ザルツブルクというと、クラシック音楽のイメージがあるが、2018年10月17日~21日の5日間だけ「ジャズ&ザ・シティ」というジャズが街中で楽しめる時期がある。

モーツァルテウム、バロック様式の教会、カヴェルネン、シュティーグルケラーなどの他、バーやカフェ、商店、レストラン、ホテルなど50カ所で合計100回のジャズコンサートが開催され、街全体がステージと化す。ワールドミュージックやジャズ、電子音楽、そして国際的に活躍する音楽家と同様に将来性のある新人もプログラムに加えられていて、毎年楽しめると話題だ。

 

すべて入場無料で、音楽家や音楽が好きな人々は、ザルツブルクの小道や通りに引き寄せられ、音楽とグルメのミックスや気軽な出会いが楽しめる。これまでとは違うザルツブルクの魅力を味わってみるのも良いかもしれない。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンドや地方創生などの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出

  2. 富裕層のバカンス時計 Nuun日本初上陸

  3. 日本にクルーズ文化を

  4. ICMがザ・リッツカールトン ヨットコレクション取扱いを開始

  5. オーシャニアクルーズ 新たなディナーメニューを発表

  6. 富裕層向けラグジュアリーホテルブランドがクルーズ事業に参入、その勝算は?

Translate »