ベラージオの噴水を見渡せるウルフ・ギャングのレストランSPAGOオープン

写真:©BELLAGIO
セレブリティシェフのウルフギャング・パックのフラグシップ レストランSPAGOがベラッジオにオープンした。

1982年にカリフォルニアのウエストハリウッドに一号店をオープンするやいなや、瞬く間に成功を博したSPAGO。独特のカリフォルニア料理で知られるこのレストランは、1997年にビバリーヒルズのキャノンドライブに移転してからも、料理界に名を馳せ続けている。AAAフォーダイヤモンド賞の受賞歴を持つSPAGOはまた、ミシュランガイドロサンゼルス版の2つ星も獲得している。25年前にウルフギャング・パックが手掛けるスパーゴがラスベガスにオープンした時、彼とレストランが街に与えた影響はとてつもなく大きいものでした。スパーゴは、ラスベガスの食の世界を世界の食の中心へと変革をもたらす起爆剤となった。

ウルフギャングは、今日でも絶え間なく更なる変容に身をささげ、この世界的に有名な二つのブランドを融合し、べラジオ・リゾート&カジノに新生Spagoをデビューさせた。レストランは美しいベラッジオの噴水の前で食事ができるよう屋外に位置している。スパゴの思い出に残るメニューには、パックの代表的なカリフォルニア料理がシェフの毎週のサンタモニカファーマーズマーケットへの近代的な技術とインスピレーションと調和しています。 ランチとディナーには、手作りのパスタ、オーブン焼きのピザ、新鮮なシーフード、オール・ナチュラルな肉料理、プライムステーキ、手作りのカクテル、堅実なワインリストなどのメニューがある。

参照:CWWJ/Visit Las Vegas 7月ニュースリリース

ルート・アンド・パートナーズではCVC情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. クアラルンプール

    マレーシア政府観光局

  2. 全米一のトレードショー開催地ラスベガス

  3. 日本政府観光局の新理事長に清野智氏

  4. オウム

    メルコスール観光局

  5. タイ国政府観光庁 西日本からの訪客強化

  6. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

Translate »