極上、アクアクルーズ! AMAZON ADVENTURE with AQUA

世界最後の秘境を巡るラグジュアリーなリバークルーズ

アクア・エクスペディションズ社の豪華小型船で巡るもうひとつのリバークルーズツアーが「年末年始に行くアマゾン川ジャングルクルーズ 8日間」だ。

アマゾンは世界に残された数少ない秘境のひとつ。
そのアマゾンの年末年始の時期はちょうど雨季にあたり、あざやかでみずみずしさを増す熱帯雨林の景観や、野生動物との出会い、アマゾンで暮らす人々との触れ合いなどが楽しめる。

全室スイートルームのアクア号で優雅なひとときを楽しんだり、スピードボートに乗り換えて野生動物たちを探しに出かける「ジャングルウォーク」を満喫したり、1日として同じ日はない。

そんなアマゾン川クルーズの醍醐味を、体験者である平松氏に伺った。

アンユージュアルディスティネーション

3年前、友人に「アクアは全く違った旅を楽しめる」と誘われて、二つ返事で行くことにしたという平松氏。
自身を「トラベルフリーク」と言う平松氏は、学生時代からよく自然豊かな場所を旅していたという。
20代の頃には、10ヶ月も東南アジアを旅したのだとか。

平松氏:
ラオスのジャングルとか、カンボジアとか、とにかく非日常を求めに行くのが僕の旅の楽しみ方だね。

目をキラキラさせて話す平松氏を見ていると、アマゾン川クルーズが魅力的に映ったのも当然だ。

ライブ感満載のアドベンチャークルーズ

平松氏:
この先に何が待ち受けているのかわからないというような、アドベンチャー感を安全に楽しむことができるのが、アクアの魅力だね。

ツアーでは、アクア号でのクルーズだけでなく、小型ボートでのアマゾン探検を楽しむこともできる。
運がよければ、ピンク・イルカやナマケモノなどの野生動物に出会えることもある。

平松氏は「このライブ感がたまらない!」と醍醐味を語ってくれた。
次々に景色が変わり、さまざまなアマゾンの野生動物と出会えるクルーズは全く飽きないのだとか。

 

平松氏:
なんと言っても、アクアのクルーが本当にすごくてね。
セーラーとしてはもちろん、ガイドとしても最高なんだよ!

まるで生物学者のようだと、クルーの豊富な知識に驚いたらしい。

平松氏:
もうひとつの魅力は、小型の船だから他の乗客と仲良くなれること。
こういう新しいコミュニティができるのは、アクアだからこそだと思う。

アクア・エクスペディションズ社の新しい船「アクア・メコン」でのメコン川クルーズにもぜひ参加したいという平松氏。
アマゾン川とメコン川という、2つの異なるリバークルーズに参加するというのも、他では味わえない贅沢ではないだろうか。

 

  • 年末年始に行くアマゾン川ジャングルクルーズ 8日間

平松庚三
1946年、北海道生まれ。
アメリカン大学コミュニケーション学科卒業後、ソニー株式会社に入社。ソニーで13年間勤務した後、アメリカンエキスプレス副社長、IDGコミュニケーションズ社長、AOLジャパン社長などを歴任した後、2000年にIntuitジャパンのCEOに就任。
2002年にMBOにて米国親会社から独立。社名を弥生株式会社に変更、同社の代表取締役社長に就任。
2004年、全株式を売却してライブドアグループ入りし、2006年1月に株式会社ライブドア社長に就任。2007年4月に社名をライブドアホールディングスに変更し、代表取締役社長就任。
現在は、人生の後半戦を楽しむ「人生のエンターテインメントパートナー」としてアクティブなシニアを応援する小僧com株式会社の代表取締役会長兼社長。
小僧com株式会社Webサイト

 

関連記事

  1. ロケツーリズムに成功した佐賀県の取り組み

  2. 「クルーズスタイル」x「ブルーノート東京」のコラボレーションクルーズ「クルーズスタイル・ジャズ・クルーズ」を発表

  3. アクア・エクスペディションズ 海洋保護活動家のクルーズ速報

  4. 全世界の富裕層旅行事業に衝撃走る AirbnbがLuxury Retreatsを買収し富裕層ビジネスに参入

  5. わさび体験/わさびツーリズム

  6. Lux ‘Mini’ MICE will be a new trend.

Translate »