旧館の部屋が夏の装いに 〈柊屋〉

Vol.1 柊屋

「来者如帰」。

柊屋の玄関に掲げられた額に書かれたこの言葉には、「我が家に帰ってきたときのようにくつろいでもらいたい」という思いが込められている。
柊屋では、創業以来この言葉を大切に、ひとりひとりの宿泊客をもてなしている。

そんな柊屋には「新館」と「旧館」の2つのタイプの部屋がある。
旧館は江戸末期から昭和までの風情が残る数奇屋造りで、古都・京都の旅情を存分に満喫したい方にオススメだ。
対して、新館は今の時代に合わせた設備と快適さがありながらも、柊家の伝統と変らぬおもてなしの心が感じられる。

現在、旧館の部屋は9月初旬までの期間限定で夏座敷のしつらいに衣替えしている。
風情あふれる空間で、日本ならではの夏のひとときをぜひとも感じてもらいたい。

関連記事

  1. アクア・エクスペディションズ 海洋保護活動家のクルーズ速報

  2. ミーアキャット

    南アフリカ観光局

  3. 極上、アクアクルーズ! AMAZON ADVENTURE with AQUA

  4. 富裕層向けボートの本命レクサスボート2019年にお目見え

  5. 関空にビジネスジェット専用施設6月開業

  6. ザルツブルク 観光バスのオンライン予約システム 18年6月運用開始

Translate »