旅行+消費が、これからの富裕層旅行のトレンド

アメリカのDG Amazing Experience 社がプライベートジェット利用者200名の旅行に関する定量調査を行った。

約半数が、ラグジュアリーリゾートやホテルへの宿泊を必ず考える結果となったようだが、ラグジュアリーヴィラレンタルを考える人も同じくらいの数いることが驚きだ。

 

もっとも驚くことは、Hotels where I can take over the properties.(自分が買収できるホテルに宿泊する)が20%前後いること。自分が買収できるホテルに泊まるという答えだ。

また、ホームデザイン、ファッション、時計、ジュエリーなどを旅行の楽しみとしてもライフスタイル充実の手段としても付け加えて提案してほしいという意見が98%もいたというから、旅行産業に消費が紐づく時代の幕開けといってもいいだろう。

当社でも、アンケート調査などの富裕層定量調査から、デプスインタビュー調査などの富裕層定性調査まで、各種富裕層調査の実績があります。これから欧米豪富裕層向けにビジネス展開をお考えの企業様や自治体様がおりましたら、まずは下記よりお問い合わせください。

お問合せはこちらから

関連記事

  1. ICMがザ・リッツカールトン ヨットコレクション取扱いを開始

  2. 「HighNetWorth Airline of the year 2019」2020年1月結果発表予定

  3. 海外富裕層とスーパーカーが石川県に集結

  4. 寝具リース・洗濯の見直しで年間260万円を削減

  5. プライベートフライト利用形態で分析報告

  6. 関空にビジネスジェット専用施設6月開業

Translate »