プライベートフライト利用形態で分析報告

富裕層に関する調査・情報会社のウェルスXと、グローバルなプライベート航空会社であるビスタジェットは、プライベート航空業界について初めての利用者中心の分析報告を発表した。

ウェルスXは、超富裕層(UHNW・・・純資産3000万ドル=約32億円以上)の個人に関する国際データベースを活用して、様々なフライト形態の利用者をプロファイリングした。
同報告は、主な調査結果として「一部の利用者は1機の航空機を購入するよりもフリート全体にアクセスできる高い柔軟性を重視しているため、航空機オーナーと、プライベート飛行プログラムのメンバーの平均資産にはさほど差がなく、それぞれ15億ドルと11.6億ドルである」「ほとんどの機種では購入後の価値低下が引き続き急激と見込まれている中で、資産取得の価値よりもフライトの必要性が重視される。このため、広範囲にわたる航空機所有離れやフラクショナル(部分的)オーナーシップ離れが続くだろう」などと分析している。

出典:グローブニューズワイヤ

ルート・アンド・パートナーズではプライベートジェットの手配の他、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 金閣寺

    日本政府観光局

  2. 魅力的なラグジュアリークルーズが続々登場、大型船・小型船の最新情報

  3. 地球が生み出した奇跡、大自然と触れ合う4大ツアー!

  4. 富裕層のバカンス時計 Nuun日本初上陸

  5. ハワイ州観光局、今年は日本人160万人目標

  6. 初心者から楽しめるクルーズ船内での料理教室を実施

Translate »