カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

欧米に比べてまだまだバケーションレンタルが一般的とは言えない日本でも、熱海ふふなどの旅館などを運営するカトープレジャーグループが、2017年5月熱海にバケーションレンタル方式の新たな施設をオープンした。

新施設「グランディヴィラ うみともりとかぜ」は、4つのゲストルーム、リビング、ダイニング、キッチンの他、温泉まで備えるラグジュアリーヴィラだ。最大11名まで利用可能で、家族でゆったり過ごす以外にも、海外富裕層の間でよく見られるような小規模グループでバカンスを楽しむという使い方も十分に可能だろう。

市場が順調に成長していけば、当然不動産投資という観点からも国内外の富裕層の注目がますます高まっていくはずだ。今後のラグジュアリーヴィラの動向はぜひともウォッチしておきたいところだ。

関連記事

  1. アフターコロナを見据えた岐阜県の取り組み

  2. ラグジュアリーバス×体験型ツアーで欧米豪富裕層の取り込みに力を入れるはとバス

  3. 日本にクルーズ文化を

  4. ファーストクラス以上シンガポール航空のスイート

  5. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

  6. プライベートゲレンデを活用して外国人富裕層旅行客を取り込むという視点

Translate »