カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

欧米に比べてまだまだバケーションレンタルが一般的とは言えない日本でも、熱海ふふなどの旅館などを運営するカトープレジャーグループが、2017年5月熱海にバケーションレンタル方式の新たな施設をオープンした。

新施設「グランディヴィラ うみともりとかぜ」は、4つのゲストルーム、リビング、ダイニング、キッチンの他、温泉まで備えるラグジュアリーヴィラだ。最大11名まで利用可能で、家族でゆったり過ごす以外にも、海外富裕層の間でよく見られるような小規模グループでバカンスを楽しむという使い方も十分に可能だろう。

市場が順調に成長していけば、当然不動産投資という観点からも国内外の富裕層の注目がますます高まっていくはずだ。今後のラグジュアリーヴィラの動向はぜひともウォッチしておきたいところだ。

関連記事

  1. 仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手

  2. ポール・ゴーギャン・クルーズ 期間限定バレンタインプロモーション実施中!

  3. ロケツーリズムに成功した佐賀県の取り組み

  4. 西日本の富裕層をメインターゲットにした旅行窓口「JTBロイヤルロード銀座大阪店」を開設

  5. フランスで美を磨く

  6. 「HighNetWorth Airline of the year 2019」2020年1月結果発表予定

Translate »