わさび体験/わさびツーリズム

 

静岡わさび農業遺産地域を楽しむわさびエクスペリエンスおよびわさびツーリズムコンテンツ造成グローバル販売導入事業という観光庁事業に採択された事業を静岡県伊豆市および伊豆DMOとの連携で実施させていただきました。元々我々はアドベンチャーツーリズムの一環としてわさびを旅行資産として考えておりましたが、伊豆の筏場のわさびという世界農業遺産に認定されたところを訪れてもっとわさびの生産者と、わさびを起点にした様々な旅のプラン考えていこうということで、Wasabi as a Service(WaaS)基本コンセプトのもと、様々な実証実験をさせていただきました。

 世界農業遺産に認定された筏場のわさび田の見学から旅はスタートします。日本にはここまで広いわさび田はほぼないと思われますで、その見学だけでも大きな価値があります

筏場のわさび田にも区域を持っている、わさびのスーパージャパニーズと言っていい浅田さんから、16代にわたってわさび生産を続けてきたファミリーですが、現在の当主からお話をうかがいます。農林水産省、あるいは林野庁、静岡市などから賞をいただいている方で、注目すべきは残されている古文書です。古文書に基づいて浅田さんからわさびのお話を聞くことは、伊豆にわさび体験に訪問しないと間違いなくできないことになります。わさびの擦り方を教えてもらうとか、西洋わさびとの違いというのはこういうところにあるんだよとか、あるいは擦り方によって香りが全然違うことや、この強さで擦った方がいいよというような細かいところまでわさびの専門家に教えてもらうと、このわさびを使ってお寿司を食べるとかいう体験になっていくわけですけども非常にやり方からして変わってくるというようなところがあるんですね。

浅田さんのお庭は川が流れてるぐらい非常に巨大なお庭です、わさび生産もここでやっていて、散歩コースにぴったりというようなところでもあります。その後奥様がわさび作りの体験をお手伝いしてくれます。非常に美味しいものを自分で作るというのがコースの中に含まれていますもちろん奥様が手取り足取り教えてくれます。

 浅田さんの奥さんがわさびを1本用意してくれます。それはもう前日か当日の朝取れたてホヤホヤのわさびで、時期によってはわさびを自分で取るというプログラムを設定することになります。わさびすりおろし器も同時にプレゼントしていただいて贈呈式を行い、これからいろんな現地の食材を自分のわさびで楽しむというような周辺の体験に出ることになります

伊豆は原木シイタケの栽培というのが非常に盛んで、原木に椎茸菌を打ち込んで栽培しています。その原木椎茸の採取体験を楽しんでいただき、そのあとに自分で取った椎茸をその場で焼いて自分のわさびをすりおろして、椎茸につけて食べる非常にプリミティブな原始的な体験を楽しんでいただきます山の中で自分で作り上げる世界は非常に好評です。

その後お昼では、わさび一番単純な食べ方であるわさび飯、わさび+鰹節+ご飯、非常に単純な食べ物ですけれどもここでも自分のわさびを自分で擦ってそのままいただくことを、我々としてはぜひ体験していただきたいなと思っています。

 修善寺は温泉で有名ですので、温泉旅館も多くありますが、今回はマリオット修善寺に泊まらせていただきました。こちらはマリオットグループですので非常に部屋も広いですし、各部屋に、いわゆる露天風呂がついているので修善寺らしさも楽しめると。ちょっと街から遠いですけれども、ゆっくりするには非常にいいところだと思います。こちらでぜひまずは温泉を楽しんでいただきたい。

夕食は近くのお寿司屋さんになります。NHK番組で有名なブレケルオスカルさんにお茶の講義日本茶のテイスティングをやっていただきながら、同時に、ここで自分で取ったわさび自分ですって自分でお寿司を握って自分でお寿司コースを作って食べる。単なる寿司握り体験だけでなく、食べるものすべてに自分がかかわる行程楽しんでいただきますという、まさに伊豆のわさび地域ならではの楽しみ方を提供するわけですね。

 

翌日朝は、温泉場を散策します。竹林の小道を中心に朝の散策は楽しいものです。その近くに和紙の工房新しくできたので、和紙作り体験も楽しむことができます。水が綺麗でわさびが育つという地域なので和紙作りもさかんだったよう。和紙体験もできる一石二鳥の旅になることでしょう。

それから、わさび染めわさびが大量にないとできないのでなかなか体験できません。スカーフとかハンカチだったら1時間ぐらいで持って帰るまでできます。

伊豆はとても広い街で、土肥や河津の桜も有名ですし、時期によっては自然を楽しむ目的でもぜひおすすめしたいところです。珍しい白ビワ活用したエステも女性向けに用意していますし、浄蓮の滝や富士山がきれいな達磨山もぜひおすすめしたいところです。ウォーキングトレッキングも楽しめますし、渓谷なのでカヤッキングもできるんですね。コロナ明けファミリートラベルが多くなりましたが、子供がいる場合は家族でも楽しめるので非常に重宝します。

宿泊施設も「あさば」をはじめ歴史ある旅館も多いので、バジェットにあわせて、その他のガストロノミープランなどを組み込んでわさびツーリズムを楽しんでいただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出

  2. 欧州圏の富裕層インバウンド戦略においてウォッチしておきたいBtoC国際旅行見本市「Salon des Vacances」

  3. ノルウェージャンクルーズライン、デカーティス社とパートナーシップ

  4. 地球が生み出した奇跡、大自然と触れ合う4大ツアー!

  5. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  6. プライベートゲレンデを活用して外国人富裕層旅行客を取り込むという視点

Translate »