チェコ(チェコ政府観光局)

色濃い歴史と文化を誇るチェコ共和国は、ラグジュアリーな旅行先として最適だ。世界的に有名なボヘミアガラスをはじめとする伝統工芸品の数々、ヨーロッパ有数のスパタウンやゴルフリゾート、息を呑む絶景などが旅行者を待ち受けている。中でも注目したいデスティネーションを取り上げて紹介しよう。

 

プラハ

 

チェコ・トップデザイナーによる高品質デザイン、アンティーク家具・雑貨、ガラス製品やジュエリーなど、ラグジュアリーなショッピングが楽しめる首都・プラハ。パジージュスカー通りやヨゼフォフ地区には、高級ブティックが多く立ち並んでいる。中でも注目したいのは、最高級のガラス製照明器具を扱う「ラスヴィット」のデザインだ。

 

カルロヴィ・ヴァリ

 

森に覆われた美しい谷間にあるヨーロッパ有数のスパタウン。豪華なコロナーダ(飲泉所)を巡った後は、クルシュネー山脈の麓に広がる「ゴルフリゾート・カルロヴィ・ヴァリ」へ。1904年創業と国内で最も歴史が古く、スパ・トリートメントを受けられるクラブハウスが魅力だ。土産には、1857年創業・老舗「モーゼル」の最高級ガラス製品を。美しく繊細なデザインは、全て手仕事によって彫刻されている。

 

マリアーンスケー・ラーズニェ

 

カルロヴィ・ヴァリと並ぶスパタウン。街の周辺には、160ほどの源泉が湧き出ていて、疾患の治療に効果があるとされている。数ある源泉や噴水を廻ったり、庭園を散策したり、心身ともにリラックスできる。また、英国女王エリザベス二世のロイヤル・ゴルフ・クラブという称号を授賞したゴルフリゾート、「ロイヤルゴルフクラブ・マリアーンスケー・ラーズニェ」も訪れたい。

 

ズビロフ城

 

アール・ヌーヴォーの巨匠、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)が晩年のアトリエとして選び、滞在したことで有名な城。城内にはムハが手掛けた絵が多数残っており、ガイドツアー形式で見学することができる。また、城の一角は現在5つ星の古城ホテルとなっているので、ムハが滞在した部屋にて実際に宿泊することもできる。

 

ミクロフ

 

チェコ・南モラヴィア地方、オーストリアとの国境付近に位置する街。ミクロフは上質なワインの産地で、特に白ワインが格別だ。さらに、毎年9月に行われるワイン祭りでは発酵途中の若いワイン「ブルチャーク」が味わえる。ミクロフ城地下にあるヨーロッパ最大級のワイン樽や、郊外の「聖なる丘」頂上から一望する絶景なども一見の価値がある。

 

文章・写真:(c)チェコ政府観光局/Czech Tourism

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twitter でフォロー

HighNetWorth Destination of the year
ページ上部へ戻る