全米一のトレードショー開催地ラスベガス

トレードショー・ニュースネットワーク(TSNN)の全米トップ250トレードショー・リストによると、ラスベガスが24年間連続でトレードショー開催地として全米1位となった。2位はオーランド、3位にシカゴ、4位にアトランタが続く。

「ラスベガスはこれまでも長期にわたり、ビシネス旅行のトップデスティネーションとして定着していましたが、2017年はそれにも増して記録的な年となりました。「新たなミーティング会場やコンベンション会場を次々と増やしており、コンベンション開催地としての新たな転換期をむかえています。このようなTSNNの全米トップ250トレードショー・リストの1位の座を24年連続続して手にしたことはとても光栄なことです。これからもラスベガスは数々のトレードショーの開催地として君臨して行きます」とラスベガス観光局のCEOのロシ・ラレンコッター氏は語る。

ラスベガスはホテル、エンターテイメント、レストラン、そしてカジノなど様々な観光要素がミックスされた場所で、その他のトレードショー開催地とは一線を画しているため、ビシネス旅行のトップデスティネーションとして定着している。

2016年10月にネバダ州評議会ではラスベガス・コンベンションセンターの拡張工事の資金を援助することが承認され着工が進む一方で、ラスベガス全体にさらに280万平方フィートの新たなイベントスペース開発と改修に産業セクター事業として15億ドルの追加投資が決定している。今後もラスベガスのトップデスティネーションとしての地位は不動のものとなるだろう。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twitter でフォロー

HighNetWorth Destination of the year
ページ上部へ戻る