ラスベガス観光局 CWWJに日本マーケティングを委託

2018年3月より、ネクトワールドワイド・インターナショナル社の傘下のコネクトワールドワイド・ジャパン(CWWJ)がラスベガス観光局の日本国内マーケティング業務を委託する運びとなった。

日本からのラスベガスへの年間訪問者数は23万人で、ラスベガス市内だけで15万室近い宿泊部屋、レジャー及びビジネスを目的とした訪問客は年々増加傾向にある。
日本からの年間訪問者数は世界第3位でアジアで1位だ。ツーリズムをとりまく状況は日々変化を続けていて、デジタルネイティブ世代では旅行先のリサーチや予約、旅行中の体験のシェアまで行っている状況に対応するため、ツーリズムの専門家からなる国際色豊かなCWWJに委託することとなった。

今後、CWWJが日本市場におけるラスベガス観光局(Las Vegas Convention and Visitors Authority (LVCVA))の市場開拓を展開していくという。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンドや地方創生などの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twitter でフォロー

HighNetWorth Destination of the year
ページ上部へ戻る